アメリカ生活で見たある人の台所

PAGETITLE
普段の生活の中で、私が一番居る場所が多いのは台所です。私の台所は古いですが使いやすくしています。大体が何処に何があるかは把握しています。私はそれほどシンプル主義ではありませんが出来るだけ物は少なく綺麗に使うようにしてます。私はキッチン用品が大好きです。そういうお店には洋服屋よりも行く事が多いです。買わなくても見るだけで、幸せな気持ちになります。以前は北欧やアメリカなど、海外のキッチングッツを集めていましたが、最近では和風の好みに変わってきました。私は料理も好きです。結婚前は料理は全くしませんでした。結婚後、毎日するようになって料理が好きになりました。インターネットでレシピを見て作ったりします。

私は以前、アメリカに10年ほど住んでいました。アメリカのテレビ番組には料理だけの番組があります。私にはお気に入りの人の番組がありました。その女性はアメリカではとても料理人として人気があります。その人は自分の自宅から放送します。台所はとても広くて、全てが白で統一されています。その人のキッチンに憧れます。お料理は高価な素材を使う人でした。他の番組には節約レシピを主としてる人もいますが、私はテレビなら贅沢で良いと思います。私がそのお気に入りの人が一般市民のようにケチっていたら見なかったです。その人のレシピを作る事はあまりありませんでしたが、まるで自分がその人の台所で作っているような贅沢な気持ちになったものです。見ているだけで癒されました。