台所は生活の中心です

PAGETITLE
小さい子どもがいる専業主婦にとって、生活の中心は台所ですよね。かくいう我が家も4歳と2歳の子どもがいるのですが、そして私は専業主婦なので、なにかというと台所にいます。食事の準備、おやつの準備、飲み物、書き物、生協の注文をするときも台所の食卓でやることが多いです。特に我が家は狭いので、私のスペースは台所しかないんです!なので、台所は常に心地よくありたいです。私のいう心地よさっていうのは、片付きすぎてモデルルームみたいっていうのではなく、生活感があるけど、なんとなく片付いているっていうのが理想。そして、台所にいながら緑を感じられるといいですね。我が家は賃貸一戸建てで、台所が庭に面しているのですが、ガス代は壁に向かっているので、壁に向かって料理をしています。炊事をしながら、外が見られたり、緑を飾れる出窓があればいいなぁなんて思います。次に家を探すときは、キッチン優先で探そうかな。

子ども達にとっても台所は落ち着けるようで、今のコタツにいるよりも台所にいる時間が長い気がします。まだ宿題をする必要はないのですが、これから小学校に上がって宿題をするなら、台所の近くでやってくれたら、親子のコミュニケーションができていいなぁ、なんて勝手に思っています。昔の台所は暗いイメージがありますが、いまはリビングよりも台所が生活の中心になることが多いので、新しい家なんかは、台所も明るくってうらやましいです。台所はこれからもたくさん工夫して、家族の居心地のよさを追求していきたいです。

おすすめ情報